23大学19競技41名の学生が参加 UNIVASリーダーズキャンプREPORT

UNIVASリーダーズキャンプREPORT

新年度が始まり、キャプテンを中心とした新体制のもと、各運動部が新たなスタートを切った。それに先立ってマイナビアスリートキャリアUNIVAS(大学スポーツ協会)が、大学の垣根を越えた初のリーダーズキャンプを開催。全国各地から運動部の新キャプテンが集まり、様々な視点や価値観を共有し、有意義な時間を過ごした。

「リーダーズキャンプ」とは?

競技種目や大学を越え、横断型の交流を行う新たな試み

運動部の新キャプテンがリーダーになるための講座やワークショップを通じて、キャプテンとしての心構えや組織作りを学ぶことはもちろん、競技だけでなく社会で求められるリーダーへ成長することを目的としている。

正小学校の廃校舎を利用
仲間と泊まる学校『ちょうなん西小』で開催

都心から90 分、120 年の歴史ある小学校の廃校舎をリノベーションした千葉県長南町にある団体向け宿泊施設『ちょうなん西小』でリーダーズキャンプは行われた。豊かな自然に囲まれた校舎で、参加した41 人の新キャプテンたちは多くの学びや出会いを得たようだ。

2020/02/16-17 TIMETABLE
1日目
11:30 東京駅出発~バス移動
14:00 開始~参加者交流
15:00 キャプテン(リーダー)とは、そしてチーム(組織)とは何か
16:30 ビジョンを機能させ目標を達成するメゾット「V.S.Sマネジメント」
18:00 夕食
19:00 特別ゲストトーク

2日目
06:30 起床
07:30 朝食~前日の振り返り
08:30 社会に求められるリーダーとは
10:00 企業セミナー(株式会社マイナビ)
11:00 自己分析―パーソナリティ検査
12:00 昼食
13:00 人生100年時代における自分のビジョンを描く
14:30 チームビジョンを描く
16:00 代表者スピーチ
17:00 終了~現地出発

アスリートのための夕食

男女に分かれて摂った給食スタイルの夕食。参加者らは懐かしい気分に浸りながら、バランスのとれた食事を味わった。

特別ゲストトーク

元ラグビー日本代表キャプテンである廣瀬俊明氏より、自身の経験をもとにキャプテンとはどうあるべきか、どういう存在なのかをお話いただいた。勝つことだけが全てでは無いということに新キャプテンの皆さんも共感し、非日常の空間を楽しんでいた。

UNIVASリーダーズキャンプREPORT
最新情報をチェックしよう!