メンタル

ドクターに聞いた 大切な試合に臨むためには心にも目を向ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メンタルは鍛えられるのか?

インカレやリーグ戦が盛り上がる秋。大切な試合で実力を発揮するためには、カラダだけでなく心にも目を向ける必要があります。どうすれば本番で実力が発揮できるようになるのか、ドクターとして多くのアスリートをサポートしている金井貴夫先生にお聞きしました。

メンタルは誰でも強くなる

「メンタルが弱い」は自己暗示

練習ではできるのに本番になるとできない人は、メンタルが弱いのではなく本番で実力が発揮できないだけのこと。その原因を見つけて適切なトレーニングを行えば、誰もが本番で実力が発揮できるようになります。つまり、世の中にメンタルが弱い人はいません。それは、メンタルが弱いと自分自身で思い込んだり他人から指摘されたりして、自己暗示にかかっているだけなのです。

メンタルとカラダの関係性

自律神経がメンタルをコントロール

本番で実力が発揮できる状況を医学的に説明すると、緊張しすぎずリラックスしすぎず適度な緊張感を維持した状態ということになります。この状態は平常心、無の状態、フロー、ゾーンとも呼び、カラダの調子を整える働きをコントロールする自律神経と密接に関わっています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経のバランスがとれていると、適度な緊張感を維持することができるのです。リラックスしているときの脳波は、12〜13Hzのα波が出ており、ゾーンの状態に入っているときには、それよりも少し周波数の速い、12〜15HzのSMR(Sensory Motor Rhythm)波が出ています。メンタルトレーニングによってこれらをコントロールすることができるのです。

メンタルは鍛えることができる!

メンタルトレーニングで集中力アップ

「メンタルトレーニング」という言葉が示すように、メンタルは筋肉と同様に鍛えることができます。例えば本番前、口角を上げてスマイルを作るだけでも、気持ちが前向きになり集中力がアップします。メンタルトレーニングは、イメージトレーニングや瞑想、呼吸法など多岐にわたり、自分に合った方法を取り入れることで、本番で実力が発揮できるようになります。

※2019年10月10日発行「アスリート・ビジョン#15」掲載/この記事は取材時点での情報です

金井貴夫さん

スポーツドクター、内科医・総合診療医、精神科医。千葉大学大学院医学研究院総合医科学講座特任准教授、東千葉メディカルセンター総合診療科副部長。臨床診断学、症候学、心身医学、スポーツ医学、睡眠医学、緩和医療、コンサルテーション・リエゾン精神医学が専門。 Jリーグクラブや日本自転車競技ナショナルチームにも関わる。

イップス外来開設のご案内

国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)の脳神経内科外来にて、2019年10月から奇数水曜日(第1・3・5水曜)の午前中にイップス外来を開設します。対象は、高校生以上のスポーツ選手・演奏家。プロ、アマは問いませんが、本気で競技・演奏に取り組まれている方、かつ、練習など普段はできるのに試合・本番ではできない方となります。診療日は第1・3(・5)水曜日で、新患は午前中のみ毎回2名限定。新患は完全予約となります。国立精神・神経医療研究センターの予約方法からご予約ください。

初診の申し込みはFAX予約になります。また、他院からの紹介状のご用意がない場合は、初診時に医療費とは別に選定療養費として¥5000(税抜)が加算されます。費用は、すべて保険診療の範囲内です。

【イップス外来に関するお問合せ】tkanai@mti.biglobe.ne.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る