食事・栄養

栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは【3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは

本番でこれまでの成果を100% 発揮するためには、何よりも食事が大事です。大会直前までラストスパートに入るこの時期は、食事内容やタイミングを考えながら、最高のパフォーマンスが発揮できるカラダにシフトを!

栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは【1】
栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは【2】

スポーツ栄養アドバイザー 石川 三知さん

八王子スポーツ整形外科栄養管理部門ディレクター。 「Office LAC‐U」代表。2004年度JOC(日本オリンピック委員会)専任強化スタッフ(医科学)、2009〜2014 年度JOC 強化スタッフ(医科学)八王子スポーツ整形外科栄養管理部門ディレクター。
「Office LAC‐U」代表。2004年度JOC(日本オリンピック委員会)専任強化スタッフ(医科学)、2009〜2014 年度JOC 強化スタッフ(医科学)。
山梨学院大学スポーツ科学部非常勤講師。中央大学保健体育研究所客員研究員。

試合前後:本番前後の時間で、食べ分けのススメ!

栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは
カラダをエネルギーでフルチャージした状態にするには、炭水化物のとりかたが重要です。試合の最中にエネルギー切れにならないように、試合時間にあわせて食事時間を考えるポイント!スーパーやコンビニも上手に利用しながら、入手すべし。

消化に負担がかからない液体でチャージ

本番30分前後
本番前30分:炭水化物が中心。主にスポーツドリンク、エネルギー系ゼリー
本番後30分 :水分、たんぱく質、炭水化物。主に果汁100% ジュース、アミノ酸入りエネルギー系ゼリー

消化のいい炭水化物や糖質でリカバリー

本番1~1.5時間前後
おにぎり、バナナ、アミノ酸入りエネルギー系ゼリー

軽食でエネルギーをチャージ

本番2時間以上前後
普通の食事でOK。軽食でエネルギーをチャージする。

試合後:ココロとカラダを「ゆるめて」ケア

どんなアスリートでも試合後の疲労がとれないままの状態が続くと、本来の力を発揮するのは難しくなります。試合後は炭水化物とたんぱく質を十分にとることで、試合で受けたダメージをまずメンテナンスを!

アスリートのベストチョイス

疲れて食欲がない時に根菜入りスープ、味噌汁、豚汁

栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは
根菜類には土から吸い上げたミネラルもいっぱい。

噛むように飲むと◎ホットミルク

栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは
冷たいままでは体を冷やし、お腹も刺激するので温めるのが◎。
カップスープの素に牛乳を加えても!

※2018年10月5日発行「アスリート・ビジョン#11」掲載/この記事は取材を行った2018年8月時点での情報です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もっと強くなりたい学生アスリートへ

最新号は2019年1月10日発行!学生アスリート応援マガジン「Athlete Vision(アスリート・ビジョン)」は、学生アスリートをはじめ大学スポーツへ関わるすべての人たちへ【勝てるカラダをつくる】をキーワードに、食事・栄養、睡眠、トレーニング、メンタルなどコンディショニングの情報をお届けしています。チーム定期購読(無料)お申込み受付中!

★チーム定期購読(無料)の申し込みは以下のフォームからご連絡ください。

お問い合わせ・購読申込はこちらから!