食事・栄養

栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは【1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは

本番でこれまでの成果を100% 発揮するためには、何よりも食事が大事です。大会直前までラストスパートに入るこの時期は、食事内容やタイミングを考えながら、最高のパフォーマンスが発揮できるカラダにシフトを!

栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは【2】
栄養のプロに聞いた 試合前後のアスリート飯とは【3】

スポーツ栄養アドバイザー 石川 三知さん

八王子スポーツ整形外科栄養管理部門ディレクター。 「Office LAC‐U」代表。2004年度JOC(日本オリンピック委員会)専任強化スタッフ(医科学)、2009〜2014 年度JOC 強化スタッフ(医科学)八王子スポーツ整形外科栄養管理部門ディレクター。
「Office LAC‐U」代表。2004年度JOC(日本オリンピック委員会)専任強化スタッフ(医科学)、2009〜2014 年度JOC 強化スタッフ(医科学)。
山梨学院大学スポーツ科学部非常勤講師。中央大学保健体育研究所客員研究員。

オーバートレーニングはNG!「ピーキング」と「テーパリング」を意識すべし

大会を目前にして、トレーニングが試合本番で力を発揮するための内容に切り替わったら、食事の内容もそれに合わせて、変えるべきです。そして、ベストコンディションで試合当日を迎えるためには、「ピーキング」と「テーパリング」がポイント。本番1〜2週間前になるとカラダに疲れを残さないためトレーニングが変わるように、食事も本番に向けて変えるのがおすすめです。

ピーキング:パフォーマンスをピークの状態にもっていくために調整すること
テーパリング:コンディションを整えながら、体の感覚を研ぎ澄ますこと

本番まであと何日?逆算してカラダをチェンジ!

競技によっては、減量やグリーコーゲンローディング、また集中力をアップさせるテーパリングが必要な人もいるはず。理想の食事は一人ひとりが違うからこそ、まずは試合のどこにピークを持っていくのか。逆算しながらカラダを仕上げましょう。

知ってた?試合や大会によって「ピーキング」を変える

連戦(数日間試合が続く)

初日にピークをあわせ、2日目以降はカラダをキープ

試合が何日も続くと、筋肉に蓄えられていた炭水化物が不足ぎみになることも。まずは初日の試合後、帰宅後にあらゆる手段を使って筋肉の状態を戻すこと。

トーナメント戦・リーグ戦(数日間、試合の間隔があく)

初戦後は、緊張したココロとカラダをリセット

試合期間が数週間にわたって続く場合、一度傷ついた筋肉をしっかり修復した後、またピークに向けて準備をすること。緊張とリラックスのリズムがポイント。

※2018年10月5日発行「アスリート・ビジョン#11」掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

チーム定期購読(無料)のご案内

最新号は2019年10月10日発行!学生アスリート応援マガジン『Athlete Vision(アスリート・ビジョン)』を年4回(春4月 夏7月 秋10月 冬翌1月)発行のたびにチーム・クラブへ無料でお届けします。以下のフォームからお申し込み頂けます。※原則、大学関係先以外への定期配送は致しかねておりますが、用途によっては検討致します。お気軽に問い合わせ下さい。

お問い合わせ・購読申込はこちら

コメントを残す

*